「日本の景観」の原点を辿るワークショップ

さて,9月の19日から20日にかけて,ワークショップを開催しました.

講師には私の恩師である樋口忠彦先生(前京都大学教授,現広島工大教授)をお招きし,
古典的名著『景観の構造』や『日本の景観』に書かれた場所をめぐり,景観を実際に体験し,
現地で説明していただきながら理解を深めました.なんと贅沢な企画.
参加者は現役の研究室学生と専門職社会人のOBの有志です.

新旧の地形図をもち,地形を読み,水の流れを読み,景観を読む.
最高に楽しい.
日本の景観の「原点」,という視座を今一度教えていただきました.
実は樋口先生,何十年ぶりに訪れる場所もあったそうで,「懐かしいなあ」,
とおっしゃっておりました.

巡ったのは以下の通り.

恭仁京跡(山城国分寺跡)
都祁水分神社
都祁山口神社(小山戸)
宇太水分神社(下井足)
宇太水分神社(古市場)
長谷寺(初瀬)
三輪山,大神神社
奥明日香,稲淵
大和三山,甘樫丘
慈光院

特に水分神社型空間は容易には把握しがたく,いろんな解釈ができるので,面白かった.
民俗学の勉強を本格的にしなければ,と痛感.
見学後は座学の勉強会.樋口先生による講義です.
やはり実地体験した後の勉強会は,イメージが共有できているので,よく頭に入ります.

実は,樋口先生と実見旅行を行うというのは,私の学生時代通じてはじめて.
念願叶って大満足,参加者もよい経験を得られたと思います.
何気ない雑談こそが人生勉強になったでしょう.
僕も原点回帰.さ,がんばるぞ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です