彩り

人と人が関わり合って、支え合うような生き方を、醸成するような場づくり。

これって、まちづくりにおいて、最も上位のコンセプトだと思う。

公共空間のデザインといっても、ちょっときれいな空間をただつくる
ことにどれくらいの意味があるのか。
それが人々の誇りになったり、「日常に彩りを加える」ものにしていかなければ。

学校、仕事、余暇、結婚、老後の日常のなかに空間が生きられる必要がある。
人々の日常と一体となって、場として成り立つ仕組みを考えなければならない。
 
 
 

歌は2:40くらいから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です