国際交流

先日、澳門政府から文化財産局局長の張氏をはじめ、8名の技師(文化財、都市計画)が
来日し、私も景観政策に関する行政ヒアリングのお手伝いをしました。

澳門では、世界遺産でもある澳門歴史地区の周囲のバッファゾーンを中心に、
新たな景観計画を検討しているところです。あまり詳しくはいえませんが。
張氏は数年来の知人で、澳門でも学生のインターンなどでお世話になっています。

14日には奈良市(景観課および文化財課)さんにご協力いただき、景観条例の運用や、
町家の再生の実態についてヒアリングをしました。
また、奈良まちづくりセンター、元興寺にもヒアリングを行い、いずれも研究室の趙さんが通訳をしてくれました。

cDSC08406

翌日には京都市へのヒアリングを行い、充実した成果が得られたようです。
ぜひ今後とも引き続き、景観政策を軸とした交流を進めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です