奥永源寺調査キックオフ

奥永源寺の文化的景観調査を開始しました.東近江市教育委員会歴史文化振興課さんのご協力を得て,修士の高林とともに,調査研究を進めて参ります.

小椋谷の六ヶ畑とよばれる君ヶ畑,蛭谷,箕川,政所,九居瀬,黄和田は,惟喬親王や木地師にまつわる,きわめて個性的で興味深い歴史が目につきますが,その固有の歴史を背景とする,時代ごとの山の暮らしの蓄積が生み出した固有の風土がとても魅力的です.

既に集落の外観を把握(2017.11.9)しましたので,ヒアリング調査を開始しましたが,少し伺っただけでも,山水の多様な利用と家への引き込み方と暮らしぶり,水利や気候や土壌等による生業の差異,茶業や林業・山仕事などの複業の構造,複雑なコミュニティの構造など,次々と面白い事実が判明していきます! 今に生きている.集落ごとの差異も面白い.

今後が楽しみです.

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です