2019年 今年の抱負

今年も全力疾走でいきます。しかし、なんと私(満38)、今年で数え40になってしまいました。全然実感がわかない・・・。
論語の「四十而不惑(しじゅうにしてまどわず)」の「不惑」には、物事の道理によく通じ、何事にも疑い惑うことがない、という意味に加えて、枠にとらわれずに自由に物事を見たり発想したりする、という意味もあるようです。

確かに、ようやく最近になって少しは世の中のこと、学問分野のことが俯瞰できるようになり、自分がやるべきことや立ち位置が徐々にクリアになってきました。これまではいろいろ広げてきましたが、これからは各ポイントにて一点突破で掘り下げていきたいと思います。備忘録的に今年の抱負を書き残しておきます。

【研究】
1) 歴史 ・・・いろいろ & 単著を書き進めたい。
2) 文化的景観 ・・・宇治茶、琵琶湖水源地、酒造、京都(風物、原風景)
3) 海外調査 ・・・道路空間再編、都市農園、レジエリント・ランドスケープ

【講義】
1) 環境思想史/環境デザイン史 ・・・講義ノートを充実させ、2-3年後に出版
2) 都市史/土木史
3) 土木デザイン/まちづくり事例 ・・・2019年春に共著にて出版予定!

【実践】
公有地を活用した「まち/にわデザイン」プロジェクト
1) 久御山(中央公園、クロスピアの活用)
2) 姫路網干(歴史的市街地、網干銀行周辺の活用)
3) 近江八幡(安土国有地の活用)
4) 伊庭(水路の活用と修景)

研究、実践もそれぞれまとまった本としての出版を目指し、絞りこんだテーマに集中して取り組んでいきたいと思います。7冊分くらいの本の企画はあるんですけど、全部できるかどうか。退職まで約26年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です