揖保川流域圏から網干をみる

神戸新聞に網干銀行の保存・活用の動きが取り上げられました。

われわれの活動は、まだこれからなので大変恐縮なのですが、大きく取り上げていただいております。みなさんの期待に応えられるよう、修士の河北とともに努力します。

まずは、揖保川舟運から龍野電気鉄道(1909-1934)への流れに着目し、網干港の流域圏・地域圏での役割を調べていきます。龍野電気鉄道が網干港への路線を開通させた後、網干銀行(1894年創業)は網干新在家に支店を設け、大正10(1921)年頃に本店として現在の建物を建てました。旧網干銀行と龍野電気鉄道は非常に関係が深いと考えています。それは遡って舟運も同様で、網干新在家は龍野藩脇坂家の所領であり、網干川には龍野藩の蔵屋敷が並んでいました。新在家本町通りにある片岡家も龍野藩南組15ヶ村の大庄屋でありましたし、網干のなかだけではなく、龍野との関係でみていかないといけません。

そして揖保川の流域の視点で見ていくと、幕府天領余子浜村の蔵元「加藤家」、一橋徳川家領日飼村の大庄屋「堀家」、丸亀藩領川東組の大庄屋「八木家」などの流通拠点であった有形遺産と、米や小麦、大豆、木材の生産景観、醤油や素麺の製造、漁業、工業の産業景観が、揖保川の恵みを軸とする、ひとつのストーリーでつながっていきます。

壮大なスケールの話ですが、土木史と文化的景観のアプローチを合わせて研究を進め、地域圏の価値を見直し、高めるストーリーと地域づくりの実践的方法を考えていきたいと思います。

画像をクリックして拡大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です