2020年度

毎年3月は別れの季節であります。修論(卒論)に、プロジェクトに、邁進した学生たちが、
共闘した仲間たちが、研究室から巣立っていきます。
本当におめでとうございます。

自ら自らを律し、自らの探究心をもとに、いい研究を、よくやってくれました。
いろいろ教えてもらいました。ありがとうございます。

社会に出て、大いに羽ばたいてください。
私はこの成果を世に出す手助けを続けますので、
しばらくはお付き合いいただきます。

さて、最近つくづく思いますが、
ネット社会といえども、1人の人間に与えられた時間はかぎられており、
人との関わり、仕事との関わりには限界があります。
結局、「私」というものはその関係の中にこそあり、
その関係性こそが、私を、私のアイデンティティを、つくっているともいえます。

私が何か出来る範囲も、その関係の範囲に限られます。
近いほど濃くなる。遠いほど薄くなる。
どのような関係のなかで、私は世界をより良くしようとするのか。
それを自覚し、反省し、日々の意志決定をしていこうと思いました。

無味乾燥な競争社会の中に身を置くことも、生きるためにはやむを得ない側面がありますが、
そのかわりに、そこから逃れられる居場所が必要になるんだと思います。

そんなことを考えていると、ふと、最近話題のテリトリー論のことが頭によぎりました。
テリトリーというと、共同体的社会を思い起こします。
もちろん、歴史的にみて、土地をなかだちとする強固な社会的関係が築かれ、今も残っています。
土地は、生業・産業なり共同体なり、社会システムの基盤でしたから、その名残でしょう。
しかし、いまの社会システムはそれを部分的に受け継ぎながらも、土地にしばられない関係も築かれています。

では人々の社会関係はいま、どのようになっているのか。
個人の人生への影響や、土地と領域性の関係の変質を理解する必要があるでしょう。
そこにどんな課題があるのか。再編は必要なのか。再編が必要ならどうすれば可能なのか。
まちづくりとして、豊かに暮らすための場所の感覚やテリトリーをどう紡ぎ直すのか。
たとえば「ふるさと」という観念や活動は、そのひとつといえます。が、必ずしも自覚的ではありません。

脱線しましたが、研究室というのは、まさに「知縁」によって成り立つ間柄を生む、関係の場だと考えています。
経済競争や利益追求思考の枠の外にあって、創造・共創をめざし、そのための研鑽をする仲間としての縁。
これを大切にして、次の時代の価値創造に活かしてもらえればありがたいです。