カテゴリー: ドイツ

ドイツ留学を振り返って

明日,デザインワークショップの成果発表で非常に楽しみにしている. そして僕は8日に帰国.さて,ドイツでの日々を振り返ってみると, 自分にとってはあらゆる側面で価値観の変化があった. 特に重要だと考えるものについて書き残しておきたい. ・ドイツで最も刺激的だったことは,都市計画・デザイン研究者が,問題を現実の都市の中から探り出し(捻り出し),概念化するとともにそれに対するあらゆる解決策を試みようとしていることだ.身近な問題に囚われがちな実務家とは異...

デザインワークショップ

  論文の締め切りに追われるなどで更新全然しておりませんでした,すみません. 論文も99%できた!し,心おきなくデザインワークショップに参加できます.   そう,TU Dortmundでデザインワークショップ,LODE-PORTがはじまりました. 今年は国際WSということで,ヨーロッパ各地,南米,中国,中東,日本から学生たちが 集まっております.期間は2週間.   内容はこんな感じで, サイトはすごく面白い.実際にプロジェクトが進行中の場所でもあ...

産業遺産巡り

あ、どうも。近況報告がおろそかになって申し訳ないです。 何かと忙しくて。。 しかし着々と産業遺産をめぐっております。 また記事はじっくり書いてアップしますが、まずは写真とコメントだけをダイジェストで!     【フェルクリンゲン製鉄所】 フェルクリンゲン製鉄所です。 1986年に操業を停止して10年たたずに世界遺産。巨大製鉄所です。 入場時に「私にいかなる事故が生じても自己責任です」的な書類にサインさせられます。 内部に侵入できます。しかしヘルメ...

Stuttgart

  今日はStuttgartに来ています。 Shlaichの作品をはじめとする橋梁とその橋梁がつなぐ公園の実見。 庭園博というイベントを利用しながらも、それぞれの瞬間のチャレンジが ストックとなり、今や歴史となって(もしくは博物館、生きる教科書)、 長い時間の積み重ねの迫力を感じました。 今日見た橋すべて素晴らしかったのですが、 一番印象に残っているのが、ネッカー川にかかる歩道橋(Esslingen-Mettingen)の 吊りケーブルのディテー...

KOLUMBA

ついに念願のコロンバに行きました。 前回のブログを更新した日、4時までまとめて仕事して、3時間寝て、支度して、 電車で2時間半かけてケルン、ボンに向かいます。 ケルンにはケルン大聖堂があるけれども、どうしても訪れたかったのが、 Peter Zumthor の KOLUMBAです。 周囲の道は狭く混み合った区画にある。 予想していたより小さく感じた。 おそらく全体像を写そうとして広角で撮った写真を見ていたせいだろう。 中に入る。 とにかく素材、ディ...

Anselm Kiefer

最近、電車に自転車を積んで、あちこちにフィールドワークに出かけています。 昨日はGelsenkirchenからBottropまで40km走りました。山登り(Mining Tip)とかもしながら。 しかしすべての道は制覇できそうにないですね。到底。700kmだからね。 でも、Google Mymapがかなり充実してきた。 今日はDuisburgの河川港周辺のウォーターフロント再生事例をみてきた。 運河沿いの倉庫などもすべてリノベーションされて、クレ...

Westpark, Bochum ルール探訪2

さて、13日には午後から隣町のボーフムにでかけた。お目当てはWestpark。 概要は http://de.wikipedia.org/ で、グーグルで英語翻訳。       まずは写真から。 元は誰も寄りつかない工場。周囲は荒廃している感じが今もある。 工場自体はものすごく存在感があって、よくぞ残した!という感じ。 こういう産業遺産をみると、つくづく思うのだが、人間の動力を越えたエネルギーの利用を前提とし、 機能というロジックによって組み立てら...

Zollverein Coal Mine Industrial Complex ルール探訪1

さて昨日は、2001年に世界遺産に指定されたZollverein Coal Mine Industrial Complexの見学に出かけた。 Essenまで電車に自転車を持ち込み、Essenから40分ほど自転車で走って。 こんなところです。 まずは僕が調べた情報を整理しておこう。日本語では、あまりよくまとまったものがないので。 特に、ランドスケープの設計については情報が皆無。 ここは、もともとのFritz Schupp と Martin Krem...

スタジオ訪問

さて、三日目、いよいよ研究室訪問です。 行き方はstreet viewで大体シミュレーションできているからすんなり。 ただ、なんだろう、この既視感。street viewがリアルなだけに、 なんか映画の舞台に来たような感じですわ。 さて、僕の机が割り当てられる大部屋に行きました。 後で個室を割り当ててくれるといってくれたのですが、大部屋の方が 意心地がよいし、みんなと話せるからね。 大部屋にはドイツのBプランの図面、建築の図面、アナリシスの図面な...

ドルトムント到着

ようやくネットが使えるようになり、ブログがアップできるようになりました。 なんだかんだ言っても海外生活の立ち上げは大変。少し振り返ってみます。 7月1日、日本を出て十数時間かけて、フランクフルトに着き、 あらかじめd-bahnのhpで予約したICEに乗ってドルトムントに向かう。久しぶりのドイツ。 2005年のハイデルベルク~カールスルーエ、2010年のハンブルク、リューベック以来。 時差7時間だから、19時に電車に乗った時点でもう日本は26時、眠...