カテゴリー: Memo

都市遺産学と景観計画

  昨日、土木学会100周年記念シンポジウム「土木遺産の地平」を聴講した。 http://www.jsce.or.jp/taikai2014/dobokuisan_program.html いろいろと示唆に富む発表があったが、最も印象に残ったのが、中村良夫先生の問題提起である。 以下、その概要を示す。 中村先生は、土木遺産の概念をどう考えるか、ということについて問題提起をされた。 琵琶湖疏水であれば、その疏水単体ではなく、それがつくった南禅寺別邸...

防災と景観

2014.9.17追記 読売新聞夕刊一面(2014年9月16日付,京都)で嵐山の治水と景観に関するコメントを取り上げて頂きました. (クリックして拡大) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 先日,嵐山で防災と景観を考える勉強会が開かれて,私も話題提供をしました. いろいろと頭に残ったのですが,特に窪田さんの, とにかく住んでいる人の目線で,そして彼らにとって最もよい方法で, その地域のまちづくりを...

環境の解釈史としての風景史

風景は、環境の鑑賞でありますが、 さらに広くいえば環境の「解釈」であるといえます。 鑑賞にとどまらない解釈という点から風景ととらえれば、風景論の射程はぐっと広がります。 景観の歴史研究の醍醐味の一つは、大きくいえば、環境の解釈を読み解くという営為にあると思います。 歴史上、人々が、それぞれの価値観や世界観で環境を解釈し、はたらきかけてきたわけですが、 自然地理的な条件を基盤にしつつ、その上に文化を積み重ねてきたわけです。 その積層のそれぞれに解釈...

地域デザインとしての仏教

地域デザインの実例として、仏教をとらえてみると、そのすごさをあらためて感じる。 生き方を指南し、極楽・浄土というビジョンをもたらし、 コミュニティを形成し、助け合いの核になる。 ときに中国からの最先端技術を用いて、溜池を造り、用水路を造り、困窮した民衆を救済する。 念仏を唱えれば極楽にいける、とか、現世救済を願う、とか、 民衆はそれぞれ救いを信じて生きたわけであるが、 (今も続いているが、あくまでこれまでを振り返って) ポジティブに生きるために変...

都市緑化 Vol.4

都市緑化シリーズのVol.4は、お手本にしたい地域再生&場所づくりとして、 ベルリンのモーリッツ広場(Moritzplatz)にある「Prinzessinnengärten」を紹介します。 2009年夏に設立されたコミュニティ型農園で、僕が訪れたのがその3年後の2012年。 写真はそのときのものです。 地域のボランティア団体が、50年以上放置されていた荒地を、 有機野菜の農園として、また、緑の憩いの場として再生しました。   プラスチック箱や木箱...

実践理論

土木計画学(秋)@仙台で考えたことを備忘録として残しておきます。 地域での景観づくりの実践を対象に理論構築するにあたって、今回ご講演された小林潔司先生の 論文がとても参考になります。 http://library.jsce.or.jp/jsce/open/02505/2010/01-0143.pdf 以下、特に重要と感じたところのみ、部分的に抜粋すると、 ・実践者が直面する問題に対して、必要とされる道具立て(レパートリー)を構想する必要がある。 ...

都市緑化 Vol.3

前回までは、地域計画として農地や空地を利用した緑化を取り上げたが、 今回は商店街に着目して、既存の都市空間の高質化としての緑化を取り上げたい。 中心市街地活性化、地方再生の両方の文脈で実践が進んでいる。 もともと、日本人は密集した都市のなかでも自然を楽しんできた。 たとえば「市中の山居」(参考)に代表されるように、 京都などは、通りに面した「表」で商売を行い、「奥」に自然を取り込んだ侘数寄の 造形空間が設けられていた。 都市空間の再編・高質化にお...

都市緑化 Vol.2

      今日はロンドンの都市緑地計画を紹介します。 非常によくできた、地域再編提案であり、フレームワークだと思います。 非常に簡単にですが、以下の様な課題と手法が見受けられます。 課題 ・気候変動,洪水リスクの増大,ヒートアイランドへの対応 ・産業構造変化に伴う地域衰頽,社会問題 ・分散的都市化,断片化する緑地,都市イメージのわかりにくさ ・生態系の破壊 ・健康の都市づくり 手法 ・ヴィジョンを描き多数のプロジェクトを進め,地域相互連携を図る...

景観・歴史研究の意義

こないだとある先生と(飲みながら)議論したときのやりとりを備忘録的に残しておきます。 こんな質問をされました。 「研究とはそもそも科学的普遍性を重視するものだが、  固有の景観や、固有の都市の歴史の研究にあたり、この普遍性の問題は  どう考えればよいのか?」 これは特に理論研究をされている先生が必ずもたれている疑問だと思います。 実際僕自身よく訊ねられます。 僕なりの答えは二つあります。 1.個別の研究は一ケースであり、それが集合することで、理論...

都市緑化 Vol.1

ドイツ留学以降,とりわけ都市緑化の方法について考えるようになりました. 学生諸君によるコンペでも是非積極的に主題として取り上げてもらえれば と考えているけれども,ここでいくつかの事例を紹介します. まず,緑化施策という点で日本で最も進んでいる自治体の一つである横浜の 都市緑化施策をあげます.市民緑化制度や谷戸・里山の保全で有名な横浜市ですが, 最近では「地域緑化計画」の策定を行っています, 非常に興味深いものなので,是非参考にして下さい. 以下,...