追い込み

今年もこの日が来た。
卒業論文の追い込みである。

この時期に差し掛かると、人間が研究課題そのものになる。
「考える人」を越えた「動く思考のエネルギー」。
そこまで考え抜くと、明らかに大きく一歩、成長している。
思考のうねりを邪魔しないために、僕はあんまり横から口を出さない方がよい。
ただ、「もっといけるやろ」と、言ってみるだけ。

のぼせたかのような昂揚感で満ちる研究室を
ちょっと脇からのぞきながら、
静かにコーヒーを飲むのがたまらなくいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です