リ・スタート

ベルリン、ポツダム、鉄の町やら国境やら、コトブス、ドレスデン、デッサウ、
そしてその間の数多くの集落をめぐっていますが、考えることと刺激とが大きすぎて
すぐには整理できそうにありません。調べるべきこともたくさんあります。

縮小都市問題
都市の産業転換
都市のコンテクスト
歴史遺産、産業遺産の活用
環境再生
アイディア・オリエンテッドスキーム

よく耳にする概念もどこまで実体を知っているか、想像しているか、ということです。
机上の空論ではなく、現場をみながらプラクティカルに考えることがまず重要だと
痛感しました。世界は広いです。そして深いです。現場から学ぶべき事がたくさんありました。
 
日本語でも十分すぎる質・量の文献がこの世に存在しているとはいえ、
近年の都市施策については、日本語での勉強だけだと不十分です。
全然勉強が足りていないことに気付きました。あらためて勉強始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です